無料相談はアイシア法律事務所

ホーム

離婚・浮気について悩んでいる方は是非弁護士にご相談下さい。

離婚・浮気の問題は人生における重要な決断となりますが、正確な法的知識と離婚後の生活についての見通しを踏まえて慎重に考える必要があります。

以下のようなことで少しでも悩んでおられる場合は当事務所にご相談下さい。

・夫と離婚したいが言い出せていない

・突然、妻から離婚したいと言われた

・離婚はしたいが子どもとは離れたくない

・離婚後の生活がどうなるか分からず不安だ

・夫に浮気をされてしまった

・浮気相手に慰謝料を請求したい

・結婚に失敗したが人生をやり直したい

少しでも有利な離婚のために

離婚について悩まれている方は、是非弁護士にご相談下さい。もし依頼されない場合であっても弁護士に相談することはメリットがあります。

よくお聞きするのが離婚を考えるとまず周囲に相談するという方です。もちろん、友人や親族に相談することで気持ちが楽になるのは良いことですが、離婚・浮気の対応は正確な知識がないまま対応すると大きな損をしてしまう可能性があります。

弁護士は、離婚後の生活までを含めて法律の専門家であり、ご相談者の味方として離婚について冷静にアドバイスすることができます。周囲の方とは違った角度から話を聞いて貰うことは、心強く感じられる方が多いです。

最近はインターネットで離婚・浮気に関して調べることができますが、誤った知識も多く存在しています。また、法律事務所のHPに書いてあることでも、実は自分の事案には当てはまらない場合も多くあります。ご相談者からは相談によって正確な知識を得られて良かったという声は非常に多いです。

直接お会いして弁護士にご相談いただければ、貴方の事案について個別的な事情を踏まえてベストのアドバイスが出来ます。

話し合いで解決できると思ってもトラブル予防が必要です

離婚は、夫婦間の話し合いによって解決できるのが一番です(「協議離婚」といいます。)。しかし、協議離婚が成立するような場合でも一度は弁護士にご相談されることを強くお勧めします。

なぜなら、話し合いによって離婚が出来たと思っても、実は重要な点について話し合えていないケースが非常に多く、離婚後に別の形で紛争が生じることが多いからです。

例えば、財産分与について話し合ったつもりが書面に残しておかなかったために内容が曖昧になったり、書面の記載が不十分で意味がなかったり、きちんとお金を支払って貰えない等があります。

話し合いによって離婚できる場合でも、法律上も安全・安心に進めるためには弁護士にご相談いただき、きちんとした書面作成や手続を行う必要があります。トラブルを予防するためには是非弁護士にご相談下さい。

離婚相談については弁護士に

離婚問題に関しては、行政書士や司法書士等の他士業も取り扱っている場合がありますが、離婚問題の全てを担当できるのは弁護士だけです。弁護士であれば、話し合いがこじれた場合の法律相談、相手方との交渉、調停・訴訟の全てを担当することができます。

行政書士や司法書士は、原則として紛争性のある案件に関与することはできず、こっそりやるとしても書類を代筆するだけです。弁護士であれば、代理人として相手方と直接交渉や、当然裁判所にも出席することができます。

そもそも、弁護士は、実は行政書士や司法書士の業務を行うことが出来るのです。

弁護士は他士業に比べて報酬が高いというイメージを持っておられる方もいますが、近年の弁護士増員に伴ってほとんど他士業と差がなくなっています。離婚問題について同じ金額を支払うなら是非弁護士にご相談いただければと存じます。

離婚することができる場合
有責配偶者からの離婚請求
離婚の手続
離婚の慰謝料の請求方法・相場等
財産分与の請求
子どもがいる場合の離婚