無料相談はアイシア法律事務所

慰謝料の請求方法

慰謝料の請求方法

離婚に伴う慰謝料請求を行う具体的方法について解説いたします。
まず、慰謝料請求は、配偶者が相手方配偶者と第三者に対して行うことが考えられます。

相手方配偶者に対する慰謝料請求

相手方配偶者に対して慰謝料請求をする場合、離婚を決意しているときは離婚訴訟において、離婚はまだ考えていない場合は不法行為に基づく損害賠償請求訴訟を提起することになります。

例えば、相手方配偶者が浮気(不貞行為)を行った場合、現時点で直ちに離婚することまでは決意していないが、浮気(不貞行為)に対する償いを求めたいということで慰謝料だけを請求することができます。
しかし、夫婦関係を継続することを前提として、同居している相手方に慰謝料請求訴訟を行うケースは少なく、このような場合は、むしろ浮気相手等に慰謝料請求することが多いです。

第三者(浮気相手等)に対する慰謝料請求

離婚に至った原因が浮気(不貞行為)のような場合、夫婦関係を知りながら不倫をした浮気相手に対して慰謝料請求をすることができます。

この場合、離婚原因は、相手方配偶者と浮気相手が共同して作り出したといえるため(「共同不法行為」といいます。)、浮気(不貞)による責任も分担することになります。
なお、この場合は相手方配偶者と浮気相手の双方に対して慰謝料請求をすることができます。

浮気相手に対する慰謝料請求は、浮気相手の故意・過失が要件となります。つまり、夫婦関係を知っていたか又は知り得た場合に慰謝料請求が可能となります。従って、相手方配偶者が自分は独身であると嘘をついており、浮気相手がそのことを信じていたような場合には慰謝料請求ができない場合があります。なお、最初は独身であると信じて浮気(不貞行為)をしていたが、途中で既婚者であることを知り、その後も浮気(不貞行為)を続けたような場合は慰謝料請求を行うことが出来ます。

また、浮気相手の行為によって夫婦関係が破壊されたことが必要となります。従って、既に夫婦関係が破綻した後に浮気(不貞行為)がなされたような場合には、浮気(不貞行為)が夫婦関係破綻の原因ではないとして慰謝料請求が認められない場合があります。