無料相談はアイシア法律事務所

離婚に伴う慰謝料請求とは

離婚に伴う慰謝料請求とは

離婚をする場合には慰謝料を貰える又は支払うという話を聞いたことがあるかもしれません。離婚に伴う慰謝料は、離婚に至る原因を作った配偶者が精神的苦痛を被った配偶者に支払うものです。従って、慰謝料が必ず支払われるものではなく、性格の不一致等のどちらかが一方的に離婚の原因を作ったわけではない場合は慰謝料請求はできませんのでご注意下さい。

1. 慰謝料請求ができる場合

それでは慰謝料が請求できる場合はどのような場合でしょうか。
①相手方配偶者が浮気(不貞行為)や暴力等の離婚に至る原因を作りだした場合
②離婚によって配偶者の地位を失うこと自体による慰謝料が認められる場合

なお、浮気(不貞行為)による慰謝料請求を行う場合に、既に夫婦関係が破綻した後に浮気(不貞行為)がなされたときや、浮気相手が結婚の事実を知らなかった場合は慰謝料が認められない可能性があります。

2. 慰謝料請求の相手方

例えば、相手方配偶者の浮気(不貞行為)が原因で離婚することになった場合、誰に慰謝料を請求すれば良いのでしょうか。

①相手方配偶者
まず考えられるのが浮気(不貞行為)をした相手方配偶者です。
この場合、相手方配偶者に対する請求は、離婚に伴う財産分与と慰謝料請求の2つを行うことになります。財産分与と慰謝料請求は、厳密に区することなく、話し合いによって合計金額をお支払するケースが多いです。

②浮気相手(不貞行為の相手方)
次に考えられるのが浮気(不貞行為)の相手です。
浮気相手は、夫婦関係の存在をしりながら浮気(不貞行為)をし、そのことで離婚(=夫婦関係を破壊)させたということで損害賠償責任を負うのです。

なお、浮気相手が結婚の事実を知らなかった場合は慰謝料請求が認められない場合があります。